お取引を希望されるお客様へ

提携生産者インタビュー

龍野市の生産者 横田さんをお訪ねしてきました。




アスパラガスの圃場は、スタッフもよく利用している姫新線のお近く。
時々、2両編成の電車が通ります。



今回、アスパラガスが生えているのを初めて見せていただきました。
広々した圃場に、間隔をあけて、植えられています。
「密集して植えると、細くなってしまう。美味しいアスパラを作るための間隔をあけている」との事。

アスパラガスの生育の流れもお話しいただきました。

最初は、種から苗も育てられています。これが大きくなって、圃場へ移されます。





土を研究し、気をつかいながら、農薬を使われていません。
「土が肥えていると、農薬はいらないから」と。



しかし、やはり(牛ふんなどの)肥料に含まれる幼虫にアスパラをかじられてしまう事もあります。
かじられるとアスパラがいがむのだそう。
無農薬ならではの苦労。

収穫前は、お客さんの口に入る事も考えて、牛ふん肥料は止めます。

圃場を歩きながら、横田さんがアスパラを1本折って見せてくださいました。
中から、水分がじわ~~~っ。



スタッフ二人で、そのまま食べてみました。
味が濃くて、美味しい!!


だいたい27センチくらいになると、収穫します。
土の下 1センチくらい掘った場所を切り、その後、下の数センチをカットして店頭に並べられます。

土を掘って、見せていただきました。



株の様子がよく見えます。

中の土は黒いので、
「雨が降った後は、土の黒さに、アスパラの青みが映えて、きれいなんだよ」というお話も納得!


アスパラガスには、「雄」と「雌」があるのを初めてうかがいました。

▽こちらが、「雄」



▽こちらが「雌」




雌の方が数が少なく、比率は「3:1くらいではないか」と。

味にも少し違いがあるそうです。
横田さんに詳しくうかがうと、
「味は、好みがあると思うけど、 雄 の方が濃くて苦味もあるから、 雌 の方が美味しいと思う」との事でした。

ちなみに、幹が太く育っている方が美味しいので、
料亭が、太いアスパラを買いに来られるそうです。


横田さんは、他にも大根や、ほうれん草、かぼちゃなども栽培されています。









お訪ねしてから、とてもアスパラガスが食べたくなり、龍野店で購入して帰りました。
雄 と 雌 が入っていました。

こちらは、「おすすめ食品」コーナーでご紹介しています。


この度は、色々なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。
アグロファームでは、これからも素敵な生産者さんをご紹介していきます。
2012年05月16日

  続きを読む

Posted by アグロ畑・アグロファーム at 15:43 生産者さん コメント( 0 )
プロフィール
アグロ畑・アグロファーム
「アグロ畑・アグロファーム」では、土作りや栽培方法に、こだわりと熱意をもった生産者の方々が作る農作物や加工食品の販売もしています。
このコーナーでは、アグロファームと提携している生産者の皆さんの声をお届けします。
AOJからのおすすめコンテンツ
  • アグロガーデン龍野店 コメ米会員募集中
  • アグロオーガニックジャパン 楽農園芸研究家 高島ブログ
  • アグロファームスタッフ 永徳ブログ
  • 営農アドバイザーのブログ
  • クッキングレシピ集
  • アグロオーガニックジャパンの商品基準
  • 大口のお取引を希望されるお客様のお問い合わせはこちらから
  • アグロオーガニックジャパン公式Twitterアカウント @agroganicjapan

▲ページの上部へ