お取引を希望されるお客様へ

提携生産者インタビュー

久しぶりの生産者さんの取材!
張り切って行って参りました。



姫路のレンコン生産者、船引さんの作業場です。
生産は、何箇所かで行なわれているそうです。
今回、収穫される時間帯にはうかがえませんでしたが、
収穫後の作業を見せていただきながら、
色々なお話をうかがってきました。



シャッターを開けていただくと・・・
そこには、山のようなレンコンが!

ご主人と奥様とお母様、
三人が馴れた手つきで、どんどんどんどん作業されています。

まずは、
包丁を使ってのレンコンの芽と根っこのカットのお掃除です。


カットされる前のレンコン。
初めて見ました。



神事など為に、この状態で納める事もあるそうです。


次は、水洗いです。
一度、洗う機械を通されるのですが、その後、ちゃんと手で洗われています。




まだまだ水も冷たいなか、手作業で手洗いです。
レンコンを傷めないよう、軍手をした手で優しく擦っています。








洗われてツヤツヤになったレンコン。
既に、美味しそうです。



次は、調理しやすいサイズに切り分けられます。

その後、きれいな水で更に洗いながら、
傷んだ部分がないかチェックします。



素晴らしい早業。
取材で行ったはずの三人なのですが、
見とれて、しばらく声が出ませんでした。 



時々、チェックにひっかかったレンコンを除外されているのですが、
私達が見ても全然わからないのです。
しかし、奥様は外から見ただけでもわかるそう。

「いい物しか出荷しない」という基準に満たない物は、どんどん除けられていきます。


そして、次は計量しながらの真空パック詰め。



機械で空気を抜いてパックするのですが、
レンコンは中に穴が開いているため、
空気を抜く力の調節が必要です。
※力が強すぎると、割れてしまうのです。




船引さんは、レンコンを扱われて三代目だそうです。
それだけに、知識も豊富。
私達に色々な事を教えて下さいました。



日本のいくつかの有名な産地と、その特徴。
レンコンにも品種があり、作られているのは「早生」の方との事。
食感や見た目が違うそうです。

旬は10月~3月だそうですが、
中でも、おせち料理に使われる12月の出荷量がとても多いそう。

船引さんならではのこだわりや、工夫もたくさんあります。
先程の販売用から除いたレンコンは、畑に持って行かれ、
露地栽培用のたい肥になります。





土づくりに「最高級石灰」を使用するなど、こだわりがあります。



トラクターは、レンコン用の車高が高い物を使われています。
この写真も物は古い方の機械だそうです。
新しいトラクターは、もっと高くなっているとか。





ご取材させていただき、ありがとうございました。
本当にいい勉強になりました。



船引きさんが手塩にかけたレンコンは
アグロファーム龍野店で好評販売中です。
ぜひぜひご賞味下さい。


アグローファームでは、提携生産者様を募集しております。
ご興味ございましたら、各店舗にお問合せくださいませ。
yajirusi_migi取扱店舗案内


お土産に1本物の大きな レンコンいただきました。
ありがとうございます!
奥様に、レシピもいっぱい聞かせていただいたので、
週末に早速作ってみます~



これからも、生産者様を続々ご紹介させていただきます。


<関連記事>
yajirusi_migiアグロファームスタッフ 永徳さんのブログ
yajirusi_migiアグロファームスタッフ 伊藤さんのブログ
2012年03月23日

  続きを読む

Posted by アグロ畑・アグロファーム at 17:14 生産者さん コメント( 0 )
プロフィール
アグロ畑・アグロファーム
「アグロ畑・アグロファーム」では、土作りや栽培方法に、こだわりと熱意をもった生産者の方々が作る農作物や加工食品の販売もしています。
このコーナーでは、アグロファームと提携している生産者の皆さんの声をお届けします。
AOJからのおすすめコンテンツ
  • アグロガーデン龍野店 コメ米会員募集中
  • アグロオーガニックジャパン 楽農園芸研究家 高島ブログ
  • アグロファームスタッフ 永徳ブログ
  • 営農アドバイザーのブログ
  • クッキングレシピ集
  • アグロオーガニックジャパンの商品基準
  • 大口のお取引を希望されるお客様のお問い合わせはこちらから
  • アグロオーガニックジャパン公式Twitterアカウント @agroganicjapan

▲ページの上部へ